会社バレ家族バレ避けたいならココで学ぼう!@ばれないカードローン

秘密はよくないけれど・・・

会社にはともかく、家族に秘密というのは決してほめられることではありませんが、やはり借り入れは家族に秘密にしておきたいもの。
ご主人が奥様に秘密、または奥様がご主人に秘密というのはよくあることらしいのです。
健全な家庭を維持していくためにも、知らなくていいことというのはあるのかもしれません。
会社や家族に借り入れをバレたくないという人は、バレないように配慮してくれるところで借り入れをしなければなりません。
確実にバレないようにしなければいけませんから、借りるところ(銀行や消費者金融)選びは大切です。
大きなところだとバレないとか、小さいところだと不安というようなことはありません。

 

気になる銀行や消費者金融があれば、事前に「会社や家族にバレたくない」ということを伝えておくといいでしょう。
そのためには、どのような配慮をして貰えるのか?ここはしっかり聞いておきましょう。
例えば会社ですと、在籍確認そのものをするのか?ということから、するのであればどのように在籍確認をするのか?という点が気になります。
家族ですと、自宅に電話をしてくることはあるのか?郵便物が届くことはあるのか?ケイタイに電話が掛かってくることはあるのか?などが気になります。

お金がどうしても必要

大人になると、どうしてもお金が必要になることがあります。
そのときのために、ある程度貯蓄をしておくことが望ましいということは分かっていますが、このご時世生活するだけでやっとという人がほとんどなのです。
少しくらい給料が上がっても、税金のアップ、物価の緩やかな上昇は、実際の生活を豊かにするどころかますます厳しくするだけです。
お金がどうしても必要というとき、実際何のためにお金が必要なのか?気になります。
実際、借り入れをしている人がどうして借り入れをしたのか?という理由について探ってみましょう。

 

男性に多い理由
◆旅行代、遊び代
◆ギャンブル費用
◆株などの購入費用
◆車の修理代、購入費用
◆友達の結婚式
◆生活費
◆他人の借金の肩代わり

 

女性に多い理由
◆旅行代、遊び代
◆エステなどの美容費
◆アクセサリーや洋服などショッピング費用
◆家具や家電の購入費用
◆友達の結婚式
◆生活費
◆ギャンブル

 

男性も女性もさほど借り入れの理由に大差は無いように思われますが、実際借り入れをしているのは男性の方が多く男女比で7:3とか6:4とか言われています。
消費者金融を見るとよく分かりますが、女性をターゲットとしたプランやサービスを打ち出して、女性顧客の獲得を狙っています。

 

おすすめの消費者金融を確認する

返済しないと家族にばれちゃいます

「家族に絶対にバレないというから、○○で借り入れをしたのに、自宅に電話が掛かって来てバレちゃったんです!
そのせいで、今離婚危機なんですよ・・・どうしてくれるんですか?どうして自宅に電話なんかして来るんですか?」
「自宅あてに郵便物って送らないって言ってましたよね?どうして送るんですか?ダンナに借金バレちゃったわよ!」

 

いわゆる、逆切れ?とも思われることを言う人がいます。基本的に、電話連絡なしとか郵便物を送付しませんというお約束をしている消費者金融などは、毎月しっかり返済していれば連絡をして来るということはありません。連絡をして来たというのは、何らかの理由があるからなのです。
いくら、連絡なしが約束であったとしても、返済日に振り込みや引き落としが無く、その連絡も無いという場合はどうなっているのか連絡は行きますよ。
最初はメールなどでやんわりとかもしれませんが、それも無視されたり返済の予定が無ければ電話連絡が来ることは当たり前にあるのです。
しかし、最近はそのような理由で連絡をしても逆切れする人がいるそうです。
電話連絡、郵便物の送付を避けたいのであれば、毎月しっかり返済する、もし何らかの理由で遅れるときはしっかり連絡だけはするようにしましょう。

参照リンク

消費者金融・・・消費者金融の審査について

在籍確認が心配です

借り入れをするときに、気になるのが在籍確認だという人も多くいます。
かなり大きな企業であれば、さまざまな人にいろいろなところから電話があるので、いちいち1本の電話について気にも留められないのが普通でしょう。
しかし、中小企業や家族企業のようなところにいると、プライベートもさらけ出していたり、なんとなく秘密主義そのものが通らないところがあるので、1本の電話でも詮索されたりすることがあるようです。在籍確認って、どのような方法で行われるのでしょうか。

 

【○○ローンです、とは言いません】
在籍確認とは、その会社に在籍しているかどうかがポイントなので、わざわざローン会社の名前を出すということはありません。せめて個人名もしくは、銀行であれば銀行名ということが多いようです。
銀行の場合は、口座開設したけれど口座に不備があったというような言い訳もすぐにできそうです。

 

【男女どちらに電話をかけて来て欲しい】
会社の中には、異性から電話があるだけですべて何かあるのでは?と疑うような人もいる場合も。この場合は、男性(もしくは女性)に電話して欲しいと希望を出してみましょう。これくらいの要望は聞き入れて貰えます。

 

【あなたが休みの日に在籍確認をされたら?】
在籍確認は、あなたが休みの日の場合は「次の出勤日はいつですか?」というように、その会社に在籍していることを確認しますので、既に退職している会社名を言ってもバレてしまいます。

スマホやケイタイにも電話してこないで欲しい

スマホやケイタイにも電話して来ないで欲しいというようなこともあります。自宅にも電話して来ないで欲しいけど、スマホやケイタイもダメで借り入れをすることはできるのでしょうか。
このような場合でも、もちろん借り入れはできますよ、安心して下さい。
このような人は、メールでやり取りをするということになり、そのようなプランを持っている消費者金融でないと対応が難しいでしょう。
しかし、滞納したり、返済が遅れると電話が掛かって来るということはもちろんあります。
もし、何かの理由で返済が遅れたり、支払いが難しいというときは電話連絡をしましょう。
返済日を変更したり、返済プランそのものを変更するというようなことが相談できます。いくら、電話が掛かってこないというお約束でもそれは状況次第です。

 

このように、連絡手段そのものが最初からメールのみ(それでも自宅や電話番号は申込時に必要)の場合は、借り入れ金額そのものを振り込む際に指定された銀行の口座を持っていることが必要だったり、何かしらの条件はあります。この条件そのものは難しいものでは無いことが多いのですが、この条件さえも無理ということになると、メールのみのやり取りで借り入れをするということはできません。

闇金だけは絶対にダメ

銀行や消費者金融で借り入れそのものができなかった・・・いわゆる審査に落ちてしまったという場合があります。
この場合、信用情報にも借り入れ申し込みをして審査落ちしているということは記載されてしまいます。
この場合、もう借り入れをすることは絶対に無理なのでしょうか?
その前に、どうして審査に落ちたのかということになりますが、多くの人は自分でも理由が分かっていると思います。

 

【審査落ち、よくある理由】
◆他社からすでに多額の借入をしている。〜返済して貰えない可能性がある場合は審査落ちとなることが多くあります。今借りているところに増額のお願いをする方がまだ可能性があります。
◆勤続年数が短い。〜いくら優良企業というようなところに勤めていても、やはり最低でも半年、できれば1年の勤続年数が無いと審査落ちしてしまいます。
◆虚偽の申請をした。〜嘘の勤務先、嘘の電話番号などの嘘の申請は審査落ちします。やはり、誠実さは重要なポイントとなります。
◆何かの支払いの滞納をしている。〜過去の滞納でも信用情報には記載されています。よくあるのがスマホ等の支払いの滞納が多くあります。

 

このようなときに、すぐに借り入れができるのが闇金です。いかにも闇金でなくても、実は闇金だったというようなところもあります。このようなところでお金を借りることは絶対にしないようにしましょう。もう一度そのお金は絶対に借りなければならないのか?を考えましょう。

 

おすすめの消費者金融を確認する